第13回ビュージックスディベロッパーズカンファレンス

■日 時:2018年11月14日(水)
13:00-17:00 (12:45入場開始)
■主 催:Vuzix Corporation 東京支店
■会 場:Days 赤坂見附 3F会議室
住所: 〒107-0052 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル
赤坂見附駅 A出口すぐ

申し込みフォームはこちら

※お名刺を2枚ご持参してご来場ください。

AWE2018 VUZIX CEO ポール・トラバースの講演を特別解説 13:45-
Vuzix Corporation
 
●ジャパンメディアシステム株式会社 15:00-
ビジュアルコミュニケーションの多様化
 
●東芝クライアントソリューション株式会社 15:45-
Mobile Edge Computing Device(MECD)で提供する
Windowsベースのスマートグラスソリューションのご紹介
 
●株式会社KDDI総合研究所 16:30-
VistaFinder Mxについて
 
※内容は予告なく変更になる場合がございます。


●株式会社イメージャー
業務用バーコード読取ソフトのご紹介
M300によるバーコード読取実演デモ
 
●Atos株式会社
M300を使用した遠隔作業支援システム
Generation-Eye
 
●株式会社オプティム / 新光商事株式会社
Optimal Second Sight (遠隔作業支援)
スマートグラス、スマートフォン、タブレットのカメラを用いて現場の映像を共有し、
各種支援機能を用いて現場作業をサポートできる遠隔作業支援サービスです。
※「Optimal Second Sight」は「Smart Field」の機能の1つとなります。
<Smart Field (トータルフィールドサポート)>
スマートフィールドは、スマートグラスなどのウェアラブルデバイスやスマホ、
IoT機器を使い遠隔作業支援や作業記録・タスク管理、AI解析によって
働く方を強力にサポートするサービスです。
 
●株式会社KDDI総合研究所
VistaFinder Mx
スマートグラス・スマートフォン・タブレット・モバイルPCなどで
撮影した映像を、簡単、安全、高品質に生中継する遠隔作業支援システムです。
AR技術の活用により直感的な作業指示が可能です。
 
●santec株式会社
スマートグラスで熟練工の匠の技を継承 「LiveSupporter」
・現場映像転送機能 現場で撮影している映像を事務所でリアルタイムに共有しながらコミュニケーションが可能。
・資料共有・描画 映像を見ながら現場に資料を送信するだけでなく双方の画面に同一の描画を表示する事が可能。
・多人数モード 同時に4名への現場サポートが可能。少ない熟練工が一度に複数の弟子を育成する事が出来ます!
・専用のWifiルーター、会議用スピーカー、Webカメラをパッケージ化。オールインワンにて提供します。
 
●ジャパンメディアシステム株式会社
導入実績5,200社のビジュアルコミュニケーションシステム【LiveOn】と
スマートグラス【M300】の連携により、本部と作業現場間での高品質な
映像・音声・資料の共有を提供します。
 
●東芝クライアントソリューション株式会社
Windowsベースのスマートグラスを使った遠隔作業支援ソリューションをご紹介いたします。
Mobile Edge Computing Device(MECD) DE100は高い汎用性と
高度な処理能力を持つ小型モバイルWindows10デバイスです。
多くのモノがインターネットにつながるIoT時代では、
通信インフラへの負荷とレスポンス性能が課題となっており、
これを解決するためのエッジコンピューティングが注目されております。
USB Type-Cケーブル接続のウェアラブルグラスと
連携することでまずは遠隔支援ソリューションを提案いたします。
 
●Vuzix Corporation 東京支店
M300スマートグラス
Vuzix BLADE

※内容は予告なく変更になる場合がございます。